【経験から学ぶ力〜最大限を次の自分につなげる〜】(明治大学4年/丸山竜平)

こんにちは、やっちゃん(@0yacchan0)です。

今日はFIGURES Fig.3

【おもてなしの手段〜1番最初に頼りたい人〜】

そもそもこのブログ何?って人へ

簡単に言うと情熱大陸の学生ver.みたいなものです笑

なんでやってんの?とか具体的なことはこちらをご覧になっていただけると↓

前回は【FIGURES番外編】として僕の近況報告を簡単にさせてもらいました笑

記事はこちら↓

【物を売るメルカリから時間を作るメルカリへ】

2017.10.07

 

今回のテーマは【経験から学ぶ力〜最大限を次の自分につなげる〜】

第2弾では同じ大学かつ同じ内定先でもある大沢紗永さんにインタビューしてきました!
その記事はこちら↓
 
 
第3弾で僕がインタビューしてきたのは、明治大学4年の丸山竜平くん
 
彼とは学生起業家スクールWILLFUでのインターンで出会い、一緒のチームメンバーでした。
 
WILLFUって何?って人はこちらをチェック!!↓
 
 
彼の 留学の話を聞こうと思ってインタビューしたのですがそれ以上に他にも様々な挑戦をここまでの大学生活でしていたため、留学だけと言わず色々と紹介させていただきます!
 
それでは早速色々聞いていきましょう!
 
丸山竜平
明治大学 政治経済学部 経済学科 4年 学生時代は主に経済政策ゼミナール、元学生NPO団体AIESEC、同窓会の幹事長、討論会幹事長、米留学(英語とプログラミングを学ぶ)、ベンチャーでのインターンシップ、起業家育成プログラム(WILLFU)に参加。最近はエンジニアとして友人と新サービスの立ち上げに奮闘中 
 
 
 
やっちゃん

今日は丸山くんに休学して留学した話を聞こうと思ったのですが、話を聞くところによると、1年生の頃から色々なことに挑戦していたとか 😎 
 
せっかくなので大学での丸山くんの挑戦を留学の話だけでなく色々聞きたいと思います!
 

休学をして留学することを決断した理由

 
やっちゃん
最近自分の周りでも休学する友達が何人かいます。丸山くんはいつから休学について考えていたんですか?
 
丸山くん
大学2年の頃から休学については考えていました。大学生活、こんなに自由に使える時間をお金払って伸ばせるなんてこんなお得なことないじゃないですか!
 
やっちゃん
確かに就活を通して休学してる人をたくさん見ました。そういう人に話を伺う度に最大限時間を活用していてかっこいいなって思います。だけど、僕が大学2年の時に休学するって選択肢がそもそも頭になかった。結構こういう学生って多いと思うんです。丸山くんがそもそも大学早期から休学を考え始めたきっかけってあるんですか?もしあれば教えてください。
 
丸山くん
きっかけは社会人になるの今じゃ無理だな!って思ったことでしたね。AIESECって知ってますか?海外の学生を日本企業に受け入れてもらったり、日本の学生を海外に派遣するお手伝いをするんです。大学1年の頃にそこに入ってて、その活動の中で社会人とか優秀な学生と関わり、自分とのギャップを感じました。メンバーには休学して起業する子とかがいたんです。それをみたら一歩引いちゃう自分がいました、同じフィールドにいなかったんです。この環境のままじゃ一生勝てない。もし、自分がこの団体の中で当時の凄かった学生と同じレベルになったとしてもその頃にはその人たちはもっと上にいるんだろうな。じゃあ環境変えよう。ということで休学することを決意しました。
 
やっちゃん
なるほど!大学の早い段階から間近で休学をしている人たちを見てきたんですね。社会人になる前に自分をもっと高めたい、そんな強い思いを感じました。
 
 

そもそもなんでAIESECに入ろうと思ったの?

 
 
やっちゃん
大学1年からAIESECのようなNPOに入る人ってそんなに多くないと思うんです。僕自身、サークルと東進の担任助手として働くっていう選択肢しかありませんでした笑。丸山くんがAIESECに所属した背景などを教えてください。
 
丸山くん
そうですね、理由としてあえてあげるとすれば、ざっくりなんですけど、マネジメントスキルを身に付けたかった。っていうことですね。
 
 
やっちゃん
マネジメントスキル??僕はその時友達できるかな?とかしか正直考えてなかったです笑。どうして大学1年生の時からそういうことを考えていたんですか?
 
 
丸山くん
そうですね、それでいうと高校の部活での経験が影響していると思います。
 
やっちゃん
その部活での経験ってどんなものだったんですか?もしよかったら詳しく聞かせてください。
 
丸山くん
高校時代先輩の推薦でバスケ部の部長になったんです。

今だから言えますが、当時はモチベはあんまりなかったんです笑。だけど責任感だけは強かった、なったからにはやったるかって思ってましたね。 だけど、全く上手くいかなかったんです。
 
僕が部長になってから
 
・2ヶ月で5人同期やめた。
・試合に出ても毎回一回戦敗退。
・顧問から部活停止宣告(高校創業以来はじめての出来事らしい)。
・後輩が何人も辞める。
 
 
そんなことが重なり自分をめちゃめちゃ責めました。「なんでおれこんな人動かせねえんだろ」
でも、その時1番よくなかったのは人のせいにして自分では何もしませんでした。
 
そんな状態で高校を卒業し、AIESECの説明会に参加した時に、ここでならマネジメントスキルがつきそうだなって思えたんですよね。
 
やっちゃん
大学1年生の時のマネジメントスキルを身に付けたいという思いの裏側には強烈な過去があったんですね。高校創業以来初めての部停ってなかなか精神的にきそうです笑。インターンで一緒に活動していた時から思ってたんですけど、丸山くんって反省を実践に繋ぐ能力が高いですよね。インターンの時もチームの動かし方上手いなと思っていました。今の丸山くんからは人の動かし方で苦労している印象はあんまりなかったのでちょっと驚いています。

AIESECで学んだことは? 

やっちゃん
AIESECでは色々な経験をしたと思うのですが、その中でもマネジメントスキルについてはどんなことを学んだんですか?
 
 
丸山くん
当時
自分が携わったプロジェクトのリーダーにとても感銘を受けました。
まさに身近なロールモデルでしたね!
その人の人の動かし方として大事なことは
 
①自分の弱いところを隠さない。
②リーダーが先陣きって1番やる。
主にこの2点でした。
 
やっちゃん
自分の近くにそう言うロールモデルとなる人がいるのはやっぱりいいですよね。なんか良さそうなエピソードが隠れている匂いがします笑。ぜひその2点について詳しく聞かせてください!
 
 
丸山くん
①自分の弱いところを隠さない。
についてなんですけど僕がお世話になったそのリーダーは自分が出来ないことを出来ないってちゃんと言う人だったんです。
 
当時の僕はそれが出来なかったんです。どうしてもリーダーとして完璧になろうとしていました。
 
だけどそのリーダーは
完璧じゃなくていいんだ、出来ないところは補い合えばいい。
「私の出来ないことを君が補って。」
 
その一言に僕はメンバーとしての価値を感じたんですよね。それが嬉しくて。そこで人を動かすための1つ目のティップを掴みました。
 
リーダーが完璧だからついてくんじゃない、完璧じゃないから補おうとついていくってことに気づきました。
 
 
やっちゃん
【自分の弱いところを隠さないリーダー】とても素敵です!自分もリーダーの時はどうしてもメンバーにいいところを見せようとしてしまうことが多いのでぜひ参考にさせていただきます 😎 。
 
丸山くん
②リーダーが先陣きって1番やる。についてなんですけど 君主は国家第一の下僕であるって言葉知ってますか?まさにこの考え方がそのリーダーに当てはまるなと。当時のそのリーダーは自分で仕事を見つけて誰よりも動く人でした。その過程で自分より他の人の方がその仕事が上手いなと思ったらその時点で預ける。そういう仕事の振り方だからメンバーが任される仕事はリーダーよりも注目される仕事。そしてリーダー自身は余っている雑用みたいなことも先陣切ってやる。リーダーがこんなにやってたら俺もやらないと。そんな気持ちが自然と芽生えてくるんです。リーダーだからトップで偉そうにしてるんじゃなくて、リーダーだからこそ雑用とかも先陣切ってやる。そう言う姿勢に僕は惹かれました。
 
やっちゃん
あー僕もその人の元で働いてみたいです笑。大学早期からいい人たちに囲まれていたんですね。ところで丸山くん自身がAIESECの中でリーダーになる経験はあったんですか?

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。