【学生150人と面談して気づいたこと〜あなたはどの山を登るか〜】(東京学芸大学4年/千川ひかり)

自分が登るべき山はどこにあるのか。

一生をかけて登る大きな山を学生時代に見つけても社会人になったらにその山は変わるかもしれない。

だけど、今の段階で登りたい山を決め、逆算して目標を言語化し突き進んでいる学生から溢れ出るエネルギーには目を見張るものがある。

目標があると、なんとなくぼーっと過ごしている時間が「もっとこうしたらよくならないかな?」

って考える時間に変わったりする。


こんにちは、やっちゃん(@0yacchan0)です

今回は今夢中になれる目標を決めるヒントをくれる方にインタビューしてきました!

テーマは

FIGURES Fig.6

【学生150人と面談して気づいたこと〜あなたはどの山を登るか〜】

です。

そもそもこのブログ何?って人へ

簡単に言うと情熱大陸の学生ver.みたいなものです笑

なんでやってんの?とか具体的なことはこちらをご覧になっていただけると↓

前回は僕の東進時代の後輩である村田菜緒さんにインタビューをしてきました。

彼女がどんな思いで2年間中国留学をしているのか、彼女にしかない理由を聞いています。そんな噂の記事はこちら↓

【彼女が2年間中国に行く理由〜大切なのは一歩の大きさじゃない〜】(昭和女子大学3年/村田菜緒)

2017.11.11

今回は内定先の同期でもある千川ひかりさんにお話を伺ってきました。

 

みなさん、キャリア支援団体SHOTって知ってますか?

大学生向けに内定直結型イベントキャリアについての個別面談大学生と社会人の交流会などなど大学生がキャリアについて考えるサポートしてくれる団体です。

詳細はこちら↓

 

なんと千川さんは就活が終わった今年の3月から9月までの半年間、そのSHOTで約150人以上の後輩大学生と面談をしてきているそうです。

今回はSHOTを始めた経緯やここまでの過程で彼女が学んできたことなどインタビューしてきました!

 

それでは早速色々聞いていきましょう 😎 

千川ひかり
東京学芸大 教育学部 中等教育教員養成課程家庭専攻 住居学ゼミ に所属。学生時代は関東国公立大学庭球同好会連盟、新聞契約のアルバイト、長期インターン3社などをしていました。 最近は主に旅行、キャリア支援団体SHOT、教育系NPOに携わっています。 

※いつも彼女のことを千ちゃんと呼んでるんで以下千ちゃんでインタビューを進めます笑。

 

いつからSHOTでメンターをしているの?

やっちゃん
今日はよろしくお願いします!噂のキャリア支援団体SHOTではいつからメンターとして関わっているんですか?
 
千川さん
よろしくお願いします!
自分が就活を終えたその日からSHOTでは活動を始めました。
なので今年の2月くらいからです。
 
やっちゃん
就活を終えたその日から!?めちゃめちゃ切り替え早いですね笑。在学中、SHOTに所属する前は主にどんな活動をしていたんですか?
 
千川さん
 大学1年生の時から2年間、サークルの中で練習試合を他の大学に掛け合ったり、他大の代表と一緒に大会を運営したりしてました。簡単に言うと関東の国公立大学テニス業界をみんなで盛り上げよう!みたいな感じです。各大学のサークルから代表で2名がこの役職を担ってるんです。

主に私はそこで他大学の人たちと企画、運営とかをしていたのでテニスサークルに所属していましたがラケットはほとんど振っていません笑。
 

どうしてSHOTを始めようと思ったの?

 
やっちゃん
ラケット振ってないんですね笑。そこから全くジャンルの違うSHOTに所属することになったと思うんですけど、そもそもどうしてSHOTに入ろうと思ったんですか? 
 
 
千川さん
ちょうどテニスサークルでの自分の役職の任期が終わって新しいコミュニティを探していたんです。モチベーションのより高い団体の中で自分を磨きたいなと思っていて。
そんな時にもともと自分が就活時代に面談をしてもらったり、お世話になっていたSHOTの方からお誘いを受けたのがきっかけです。
 
やっちゃん
もともとSHOTのサービスのユーザーだったんですね!SHOTの中ではメンターとして日々後輩大学生と面談をしているんですよね?僕も東進で高校生と進路について面談はしたことあるんですけど、またジャンルが違うと思うんです。主にSHOTのメンターってどんなことするんですか?
 

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。