【学生150人と面談して気づいたこと〜あなたはどの山を登るか〜】(東京学芸大学4年/千川ひかり)

メンターって何するの?

千川さん
そうですね、SHOTでは学生向けに下のような内定やインターンに直結したイベントを企画、運営しているんです。

こちらがそのSHOTのイベント

千川さん
私が主に携わっている学生のメンターとしての仕事は、イベントの申し込みがあった学生とイベントの前に面談をすることです。なんとなくこのイベントに参加してもらうのではなくて、そもそもなんでこのイベントに行くんだっけ?そもそもなんで就活するんだっけ?みたいな自己分析のお手伝いをして、このイベントに参加する目的を参加学生の中で言語化してもらっています。
やっちゃん
目的を一緒に決める。とても大切ですね。なかなかそこを言語化するのって難しいと思います。なんとなくでも踏み出したその一歩自体は大切だと思いますが、さらに目的の言語化ができるとイベントにおける学生の吸収量もより高まるのではないでしょうか。これまで約半年間で150人以上の学生と面談をしてきたとのことですが、普通に考えて1日1人くらいのペースで会ってるわけじゃないですか。そこまでできる千ちゃんの中のエンジンってなんなんですか?
 
千川さん
本当は1日2人くらいに会いたいんですよね笑。始めた当初は私のメンターの方と決めた目標が年間500人と面談することだったので!来年の3月までなのでかなり足りてなくて焦ってます。エンジンか…なんだろうな、そもそもSHOTでのメンターの仕事は教員免許を取ったのと同じで私の中の1つの手段なんです。自分の将来やりたいことに繋がりそうだから今メンターをやってるって感じです。
 
やっちゃん
500人!?目標が高い!!それ自体を目的化せずに手段として捉える。勉強になります!もしよかったら将来的にやりたいことについて聞かせていただきたいです。
 
 

将来やりたいこと

 
 
千川さん
やりたいことの1つとして、私は高校生にサードプレイス的な居場所を作りたいなって思ってます。学校でも家庭でも出せない自分を出せる場所。簡単に言ったら「逃げ場」みたいな場所です。今の行動もそのために必要なスキルに繋がってるかな?と思ってます。
 
やっちゃん
高校生のサードプレイスか!いいな、逃げ場って。ちょっとそこについて詳しく聞きたいんですけど、そうやって思う理由について教えてください。
 
 
千川さん
実は、私高校生の時にちょっとグレてたんです笑。当時、高校受験が上手くいかなくて、出来なかったことを全部「1人親だからだ!」と家族のせい、環境のせいにしていました。家の壁に穴開けたこともあります笑。

今実際にNPO法人カタリバ一般社団法人Willdoor一般社団法人Fora教育実習で高校生と向き合ってみても誰かのせいにしちゃう他責の子って少なくなかったんです。でも環境や誰かのせいにしてもそれって進まないから、自分みたいな子達の可能性を広げられたらいいなって思ってます。自分がそういった経験をしてるからこそ彼らの気持ちを分かってあげたいし、彼らが相談してくれることって自分ごとのように共感できるんです。だから高校生のサポートがしたいなって思っています。
 
 
千ちゃんが関わったそれぞれの団体の紹介はこちら↓
高校生に手を差し伸べたりすることに興味がある方は一度見てみてください 🙂 
 
NPO法人カタリバ
 
一般社団法人Fora
 
 
一般社団法人Willdoor
 
やっちゃん
千ちゃんが真面目な話してくれたのに、壁に穴開けたって印象が強すぎました笑。壁に穴をあけそうには見えない笑。きっと千ちゃん自身が他責にすることでたくさん悩んだ経験があるからこそ、高校生の悩みに対してこんなにも共感ができる。千ちゃんだったらどんなに小さな悩みでも同じ視点に立って聞いてくれそう!高校生というデリケートな時期にそういう先生がクラスにいたら相談しやすいなー!って思いました。
 

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。