【大学院進学か就職か〜いつか向き合わなくちゃいけないこと〜】

 

理系の当たり前

これはなんの数字だと皆さんは思うだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれは僕が所属する理工学部応用化学科の大学院進学率だ。

僕の学部は理系の中でも院進学率は特に高い方だと思う。

でも、理系大学出身の人ならこの数字に対してほとんど疑問を持たないんじゃないかな。
きっと理系の高校生にこの数字を見せても疑問は持たないし、それが普通だと思って文理選択をする。

僕もそうだった。

理系を選んだら、絶対に大学院に行くものだとバカ正直に信じて高校1年生の秋、文理選択で理系を選んだ。

学校の先生、塾の先生、多くの大人は理系になることを勧める。

理系を選んだのなら”大学院に行かないのは勿体無い”と口を揃えて言う。

“本当にそうなのか? “

高校時代からずーっとモヤモヤしたまま何も行動は起こさず、気づいたら大学3年生になっていた

国語ができない

 

僕が理系というレールを歩き始めた理由は

高校1年生の時、国語ができなかったし、友達も理系が多かったからだ。

こういう選び方は少なくないと思う↓

そして、僕は1年間浪人したのだけど、もう1年やるなら絶対早慶以上、なんなら東工大に合格してやるって思ってた。

大して勉強したいテーマがあるわけではないし、研究のけの字も知らないくせにそんなことを言っていた。

浪人で理系というレールを降りて別のレールを歩くこともできた。つまり文転するタイミングはあったし、将来について真剣に考える時間はたくさんあった。

それでも理系に進んだのはせっかく現役で勉強した科目を使わないのは勿体無いと思ったからだ。

だから僕の進路選択にそこまで強い意思はなかった。

進路について考えたり、調べたり、疑問を持つ時間はあったのに勿体無いって言葉で自分の正直な気持ちを押し殺し、歩いているレールとちゃんと向き合わずただただ目の前の問題だけ解き続けた。

本当はレールを変える勇気がない自分を認めたくなくて、適当な理由を付けてごまかしていただけだ。

当時どんな研究ができるのか調べようともせず、自分を押し殺してなんとなく選択をした自分が悪い。

今考えると当時の僕は主体性のかけらもないと思う。

でも、理系というレールを選んだだけで学部4年間、大学院2年間の合計6年間の大学生活というレールがうっすら敷かれるのが当たり前だと思ってしまうような人は少なくないと思う。

そういう高校生、大学1.2年生を東進で働いていた時にたくさん見てきたし、僕自身もそうだった。

やりたいことは決まってないけど、なんとなく大学院まで行って、なんとなく学生生活を伸ばして、その過程で人生を懸けて研究してもいいかなって思える分野がふと現れるものだと期待していた。本当に不思議で、何となく過ごしていたら見つかるものだと当時は本気で思っていた。

 

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。