【大学院進学か就職か〜いつか向き合わなくちゃいけないこと〜】

僕は大学院に進学しない

結論から言うと僕は大学院には進学しない。
2018年4月から社会人になる。

家族からは反対されなかったけど、友達や先輩、色んな大人に勿体無いと言われた。

それを決断したのは大学3年の4月、ちょうど大学4年から配属される研究室をみんなが意識し、履修登録をする時だ。

本当にこのまま大学院に進学してもいいのか?ずーっと溜まってたモヤモヤがやっと形になって僕のレールの上を邪魔してきた。

理系というレールを死ぬほど後悔しているわけじゃない、このレールを歩んで学んだことは数え切れないほどあるし、たくさんの人と出会えた。

選んだ道を正解にしろと大人は言う。
最もだ。
間違っていないと思う。

でも、文理選択や進路を選ぶときに他のレールもたくさんあるんだよって言って高校生や大学生に疑問を持たせる、そういった選択肢を増やすことがもっとあっていいと思う。

実際に今の私立大学では企業に高校生を派遣してインターンさせたり、大学の研究室に見学に行く機会を与えたりしているところもある。

だけど、まだまだ少ない気はするし、そういう経験が当たり前という訳でもない。

 

だから僕はこのブログで身近なロールモデルの紹介を通して、周囲の意見に身を任せ、自分に正直な気持ちを押し殺し、今歩いているレールが正しいと自分に言い聞かせている人に「こっちのレールもあるよ」「もしかしたら研究より面白いレールもあるかもよ」と伝えて、疑問を与えたい。

それが自分に正直に選択するきっかけになるかもしれないから。

あまりゴリゴリ行きすぎるとお節介だから、どこまで踏み込んで選択肢を提示するかって難しいんだけどね。

 

これだけは言っておきたいけど、

僕も今、学部生として1年間研究してきて、研究から学ぶこともたくさんある。

だから決して、理系で大学院に進学して研究を続けることを否定しているわけじゃない。

むしろ毎日研究している人たちは本当尊敬する。教授や助教授を間近でみてきてそれは本当に実感する。

僕の大学の友達にも高校の時から、

“この学部でこの研究がしたい”

“この教授のもとで学びたい”

“こういう薬作って救いたい人がいる”

という理由でずっと勉強してきた、だから大学院でもっと研究したい!

って言う友達はたくさんいるし、自分はそれを見つけられなかったからめちゃめちゃそういう人を尊敬していて、憧れている。

いつかは向き合わなくちゃいけない

 

僕は

きっと大学院に行くんだろうなと高校生の頃から漠然と思い、そのまま何も疑問を持たず学生生活を過ごし、

「学生生活2年伸びるし、とりあえず大学院に行くか。」

「友達も行くし、親や周りの大人が行けっていうから。」

そうやって自分の気持ちを押し殺して進路を決めている人達に

その決め方って自分に正直なの?

決める前に他の選択肢は見てみたの?

理系は大学院に行くっていう大多数が当たり前だと思っていることを差し引いた時に本当にやりたいことは研究なの?

ということを聞きたい。

 

僕自身、大学3年まで自分が歩いているレールに1度も本気で向き合ってこなかった。
そのしわ寄せが今になってもきている気がする。

逃げても絶対どこかで今のレールとは向き合わなくちゃ行けなくて、そうやってどこかの駅で一回立ち止まって向き合う時間を時間に余裕のある学生のうちにちゃんと作るべきだと思う。

レールから降りてみて、やっぱり研究だなって思えるならそれでもいいし、疑問を持つなら何か違う方面に一歩を踏み出して欲しい。

最初の一歩は恐いんだけど、一歩踏み出したらもうそのあとはどんどんいい循環が回るはず。

その手助けがこのブログでできたら嬉しいな。

僕はたまたまレールを降りてみたら、研究じゃなくてこっちの方がいいかもって思うものを見つけることができた。

自分の正直な気持ちを押し殺して、進路を選ぶのって別に当たり前じゃないよね。ってことをこれからも言いたいし、自分に正直に一歩踏み出したいと思っている学生や高校生の背中をおしたい。

 

こうやって自分の考えを言い切るのってちょっと怖いけど今日は語ってみました。

 

帰って早めに寝ます。

バーイ👋

 

このブログ、記事に興味を持っていただけたらいいね!で応援してください✌

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。