【東大を辞めるほど彼がハマったもの〜食と暮らしの最適解を追い求める〜】(東京大学修士1年退学/山内滉朗)

“俺、東大辞めたんだよね!”

久々に会った彼は、今日のお昼ご飯を決めるような軽いノリで僕にそう話した。

でもその言葉の中には一切いい加減な感情は含まれていなかったように感じる。

“東大を辞めた”その裏側にあるストーリーを聞き始めると、マクドナルドにいた周りの客の声はもう入ってこなかった。

 

そこまでして彼がハマってきたものは一体何なのか。

僕は、一つの物事にのめり込む事が比較的少ない方だ。深いところまでハマった事がない。

振り返ってみても部活も遊びも勉強も、どハマりしてる人を少し離れた後ろの方で眺めているような人間だった。

だけど、彼の話を聞けば聞くほど何かにハマってみたくなって、インタビューが終わる頃には僕は彼をその隣で眺めていた。

 


こんにちは、やっちゃん(@0yacchan0)です

今回は FIGURES  Fig.9 

【東大を辞めるほど彼がハマったもの〜食と暮らしの最適解を追い求める〜】

そもそもこのブログ何?って人へ
簡単に言うと情熱大陸の学生ver.みたいなものです。
なんでやってんの?とか具体的なことはこちらをご覧になっていただけると↓
 
 
 
 
前回の記事

前回は渋谷にある緑色のベンチャー企業に最年少で内定した松浦香帆さんへのインタビュー。
 中学生の頃からずっと好きな男性がいるんです。なんて一途なんだ。後にその男性についての真実を聞いて僕は驚いた。彼女の言葉は自分の“好き”に向かって突き進む力強さを僕に感じさせる。受験は無駄、4年間大学に行って興味のないことを学ぶ意味が分からない、自分の好きなことに自分の時間は使いたい、そのための手段が就職であるから私は早く就職したい。そのために女子美術短期大学に推薦で行く。未成年ながらしっかりと“自分の人生”を生きる女性だった。”あ、今まで話してこなかったジャンルの人だ”そう思って話に夢中になっていたら気づくと2時間が経っていた。
 
 
 
今回は山内滉朗くんへのインタビュー。
 

山内滉朗
東京理科大学基礎工学部
生物工学科がんの研究
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻
栄養と成長の研究

・大学在学中の経験
東京理科大学で大学4年間を過ごす。
修士1年 東大アントレプレナー道場を受講(有名東大出身の起業家の授業ののちに自分たちで事業を練り上げていくというもの)
それと同時期に人材コンサル系の会社(Legaseed)で1億円規模の新規事業の立ち上げに携わる。
ネオキャリア×WILLFUの講座に巡り合い、参加。
WILLFUで人材業界だけの就活イベントを開催。営業、提案書、集客、イベント内容を一週間で自分達で作り上げ、人材系企業6社とトップ層の学生35人を集めてマッチングイベントを開催。 

食にハマった学生時代   

やっちゃん
ちょうど昨年の今頃、WILLFUで会って以来ですよね。ずっとインタビューしたいと思っていたので今日は楽しみです。
山内くん
僕も楽しみです、よろしくお願いします!
やっちゃん
大学院まで行っているので学生生活も長かったと思います。山内くんの学生生活を代表するものってなんですか?
山内くん
うーん、ご飯ですかねー。大学4年の大学院入試後にご飯にハマってから、2000軒くらいはご飯屋さんを巡ったと思います。今日も残党狩りをしてきたところなんです笑。
やっちゃん
2000軒!?

え、大学4年の時から今までってことは約3年間で2000軒ってことですよね!?1095日間で2000軒ってことはほぼ毎日2食外食じゃないですか笑。お金かかるし、太りそうです!

山内くん
お金はめちゃめちゃかかりますね笑。だからまずは単価の低いやつからってことで小麦から攻めました。ラーメン、つけ麺、油そば、うどんから始まり、最近はピザやパスタ、ハンバーガーも巡りました。そろそろ飽きてきたから小麦を卒業しようと思ってフレンチ行ったり、焼肉行ったりしています。麺類だけでこの3年間で1000くらいは行ったと思いますね笑。
やっちゃん
小麦から攻める、初めて聞いた表現です笑。僕、食にそこまで詳しくないのでぜひオススメのお店をいくつか教えてください。
・つけ麺 

今回は横浜出身なので神奈川県からご紹介!玉系列の赤備です! 
 
 
 
 
 
・ハンバーガー
今まで都内の食べログ3.5以上の店はほぼ制覇してきました。
そんな中で好きな3店の1つがここ、Baker Bounce。
バンズも肉も美味しく、その二つのバランスが重要でとても難しいハンバーガー。
三軒茶屋にあるので都内から行きにくいですが、遠出する価値ありです。是非行ってみてください!

 

やっちゃん
どちらもめちゃめちゃ美味しそう🤤春休みに足を運んでみようと思います。

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。