【全国90位の校舎が全国1位に〜東進のアルバイトから夢が生まれた瞬間〜】(青山学院大学4年/楢橋穂野花)

大学受験

多くの人が通る道だ。

その子が受験を通して、人生が変わったなっていう経験を与えたい

彼女はそう話す。

過去を振り返った時、失敗でも成功でもその大学受験から人生が変わったと思う人はどれほどいるのだろう。

少なくとも僕はその1人だ。

大学受験に合格させる!だけじゃなくて、彼女のように思って指導してくれる先生は何人いるんだろう。

彼女へのインタビューは卒業アルバム見ながら思い出話しに浸っているような懐かしい時間だった。

生徒が受験を振り返った時に

あの参考書よかったな、あの模試の点数がめっちゃよくてさ、試験当日寝坊してさ、みたいな彼らの思い出と一緒に浮かんでくる先生に僕もなれていたのだろうか。


こんにちは、やっちゃん(@0yacchan0)です

今回は FIGURES  Fig.12

【全国90位の校舎が全国1位に〜東進のアルバイトから夢が生まれた瞬間〜】(楢橋穂野花)

そもそもこのブログ何?って人へ
簡単に言うと情熱大陸の学生ver.みたいなものです。
なんでやってんの?とか具体的なことはこちらをご覧になっていただけると↓
 
 
前回の記事
前回はFIGURES
Fig.11.5
【大学3年で結婚・出産する妹を応援したい〜そして僕は叔父になる〜】
かなり内輪ネタではありますが、学生結婚・出産する妹の応援記事を書いてみました。
彼女たちの応援をよろしくお願いします。
 
実際の記事はこちら↓

今回は僕の東進時代の同期、楢橋穂野花さんへインタビュー

僕が学生時代の大半を過ごした東進ハイスクール南浦和校では、彼女を筆頭に後輩や先輩と協力して全国93位中、90位だったどん底の校舎を全国1位まで導くことができました。

その時のリーダーが楢橋さんであり、サブリーダーが僕でした。

今回のインタビューは僕の思い出も出てきて個人的にはとってもエモい笑。

それでは早速彼女にインタビューしていきましょう!

※彼女には僕がやっちと呼ばれているので”やっち=やっちゃん”という認識でお願いします笑。

楢橋穂野花
青山学院大学文学部

東進ハイスクール南浦和校での勤務4年目
現在までに
低学年リーダー、学力向上リーダー、担任、担任助手担任リーダーを務める。
大学3年次に教職課程を取ることを決意。
現在大学4年ですが教職課程のため残り2年間青学に在籍します。

東進の担任助手ってどんな仕事するの?

やっちゃん
楢橋に俺がインタビューする時が来るなんて、感慨深いものがあるけど今日はよろしくお願いします。
  

楢橋さん
私でいいの?って気持ちはちょっとあったけど嬉しい!なんでも聞いてください。
 

やっちゃん
まず、読んでくれてる人は東進について詳しい人ばかりではないから楢橋から簡単に東進のアルバイトではどんなことをしているのか教えてもらってもいい?
  

楢橋さん
はーい!とりあえず、代表的な仕事に関しては下にまとめてみました。
 

・グループミーティング
・合格指導面談
・入学三者面談
・ロングホームルーム企画・動員・運営
・校門配布
・イベント動員
・学力向上施策企画実施
・生徒数向上施策企画実施
・模試運営…

どうして担任助手をやろうと思ったの?

やっちゃん
楢橋は4年間東進で担任助手としてアルバイトしてきたと思うから、この中のほとんどの仕事経験してきたよね。
そもそもどうして担任助手というアルバイトを始めてみようと思ったの?
  

楢橋さん
私が尊敬していた担任助手の先輩が

担任助手やるんだって?すごい向いてると思うよ!!
って言ってくれたんだよね。

私が生徒時代に1番すごいと思っていた担任助手の人に向いてるって言われたのが嬉しくて、その人と働けるのか!というワクワクした気持ちもあって、その期待に応えたくて担任助手のアルバイトは始めてみたんだよ。

 

やっちゃん
僕も尊敬してる先輩だからその嬉しさ分かるかも。当時はさ、まさか4年間も続けるなんて思ってなかった?
  

楢橋さん
そうだね、最初に何年間続けるなんて決めてはなかったけど、まさか4年間やることになるとは思ってなかったかも笑。
 

4年間担任助手を続ける中で1番悩んだ岐路は?

やっちゃん
大学4年間ってめちゃめちゃ長いと思うんですよ。オリンピック2回見れちゃうわけだし笑。
それだけ、長い間続ける中で辞めようと思ったことはなかったの?
  

楢橋さん
大学2年から大学3年になる時は続けようか本気で悩んだね。その辺はすごいモヤモヤしてたなあ。
 
やっちゃん
そこが続けるか続かないかの1番の岐路だったんだ。そのモヤモヤの原因ってなんだったの?
  
楢橋さん
やっちもだけど、ちょうど大学2年の9月くらいから私たち担任って仕事をし始めたじゃん?

東進では基本的に1人の生徒に担任と副担任という先生が2人付くシステムなんだけど、それまでは副担任だったから、生徒とは毎週面談できていたし、その距離は近かったんだよね。でも担任になると、入学、夏期講習、冬期講習の三者面談だったりをするようになって、生徒との距離が遠くなる気がしていたんだよね。

あと面談を毎週やってる副担任にはその距離は敵わないなって思っていて、3年目は担任として活動することにあまり気分が乗らず、続けようか迷ってたなあ。

 

そこから3年目も続けようと思ったきっかけは?

やっちゃん
その葛藤はとてもわかるよ。
楢橋の中でどうやって克服して3年は担任として頑張れたのか気になるな。
  
楢橋さん
でもそれはね、やっちの前で言うのはあれだけど、当時のやっちに“お前なんかライバルじゃねえ”って言われたのが私に完全に火をつけたよ笑。
 

やっちゃん
そういえばそんなこともあったなあ笑。
僕もあんま、人に対して感情むき出して怒んないけど、あの時の楢橋のモヤモヤしている感じが僕には中途半端に指導しているように見えたから流石に感情ぶちまけて怒ってた気がする。

そもそも楢橋が辞めそうで、それを止めたくて言ったんだからね笑?
大学3年になって楢橋が校舎にいなかったらやばいだろうなって思ってたし。

  
楢橋さん

正直、見返してやる!って思ってたよ笑
マジでこのままじゃ終われないって言う気持ちが強くなった。

ここで逃げたら逃げグセがつくなって。

私さ部活も続けてないし、受験勉強も挫折ばっかしてるから最後までやりきった経験が本当になかったんだよね。
ずっと中途半端で生きてきた人生だったから
やっちゃん
当時の僕もちょっと言い過ぎたかも、ごめんなさい笑。
  
 

Follow us!!


今週の大学生





小出紘大くん

明治大学 政治経済学科4年

2年の冬に「さみしい人/弱い立場の人をなくす方法を探るため、議員インターンシップに参加。
協賛企業だったMicrosoftの社員さんと話すなかで「自分のやりたいことはITでできる」と思いたつ。

3年の夏から4年の冬にかけて、Loco Partners、Origami、SUSANOO(Etic)にインターン生として参加。

現在は、SUSANOOで学んだ「最小仮説検証」「不完全でもとりあえずやってみる」ということばを胸に、パートナー事業の立ち上げ、恋愛メディアの製作に取り組む。




身近なロールモデルを見つけよう

あの人みたいになりたい、アドバイスが聞きたい、相談したい!そんな身近なロールモデルとなる先輩大学生を紹介していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

慶應大学に通う1995年生まれの4年生。学生時代は東進ハイスクールで担任助手として活動する。現在はがん細胞の転移を抑制するという目標の下、週6でタンパク質の研究をしている。NPO法人JUKEでもちょっとだけ活動。時間的にバイトができないので今はメルカリで生計を立てている。いらないもの募集中!通学時間が片道2時間かかるのでその時間でブログとメルカリやっている。